子供が自立したのを契機に、主人と相談し、2台の車の

子供が自立したのを契機に、主人と相談し、2台の車の

子供が自立したのを契機に、主人と相談し、2台の車のうち1台を売りに出すことにしました。

とは言うものの、車を売るのも初めてでしたから、どういった売却方法がベストなのか分からないまま、ネットで探し、結局、自宅に近い業者に買取をお願いしました。買取をお願いした車ですが、私がよく乗っていた紺色の軽自動車で10年落ちのものでした。
買い取っていただけるのかという心配もありましたが、主人と二人でランチを楽しめる程度の金額で買ってもらえました。

近年、車を買取に出す際に、web査定がよく用いられています。
一括査定を利用すれば、わざわざ店まで行かなくても複数の業者の買取額をもとに検討することができます。

しかし、ネットで受けられる査定はただの目安ですから、現物を見てもらった後で査定額が下がることは大いにあり得ます。あらかじめWEB査定で高い額を出しておいて、実際の査定になった途端に安い額を持ち出し、売るまで帰らないという悪質な業者も存在しています。
いままで乗っていた車を業者に売却するときは、査定前に掃除くらいはしておきましょう。収納の中はなるべく物を置かないようにし、生活感をなくすことがコツです。



外側は思い切って洗車してしまいましょう。
軽いシャンプー洗いくらいで構いません。

頑張って鉄粉落としなどを使いまくると、ムラが出たり、傷がつく危険もあり、頑張り過ぎないことが大事です。



それからホイールを含むタイヤ周りは人の足元と同じですから、きれいにしましょう。また、小キズをタッチペンで修正する人もいますが、買取後にプロが処理するほうがキレイですので、そのままにしておいてください。基本的に自動車の査定時において、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

目立つ傷や凹みがあったとしても、素人が自己判断で勝手に直すことは止めた方が良いでしょう。修理の腕に長けていなければ、パッと見たときには素人目で綺麗でも専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。


自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良いわけではありませんから気をつけてください。プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。

もし売却予定の車のホイールが他メーカー製であれば、実車査定を受ける前に純正品に戻すほうが良さそうです。

業者による査定では普通、他メーカーよりは純正の方がプラス査定がつくことが多いのです。きれいな状態を保つためにカバーをかけるか、出来れば屋内に保管するのがおすすめです。



良好な状態を維持している他メーカー製ホイールは意外な値段でオークションなどで売れるときもあるので、取り外し時の扱いには注意が必要です。

車を買取、下取りに出す場合に、ガソリンの残量はどれくらいあればよいのか気にする方も存在します。しかし、率直にいうと、気にすることありません。車の下取りで大切なのは、車の年式や車種や走行距離、ボディカラー、車の状態などです。ですから、基本的に燃料の残りを気にする必要は皆無といえます。

車を売るとすれば、少しでも高い値段で売りたいと考えるのが正直なところだと思います。

ですので、いくつかの会社に車の査定を頼んで条件が一番良かったところに、売るということも方法の一つでしょう。


それに、高値で売るには査定をお願いする前に少しでも綺麗に車を洗っておく方が大切だなと思いました。



車を維持するためにかかる費用がいくらくらいかかるのかを調べてみました。


中古車選びに一番先に考えるべきことは走行距離を見ておくことです。


今までの走行距離が長いと車の傷み方が進んでいるので維持するためにたくさん費用がかかることも出てきます。


私が住んでいるところはちょっと有名な港町です。
窓の外には海の景色が見渡せて、暑い夏には気持ちのいい潮風が吹き、それなりに快適な暮らしではあるのですが、困るのは潮風で車がボロボロに傷んでしまいます。

昔住んでいた海の遠い場所では、車が錆びてしまうなどということはまさかなかったことです。今の愛車は車下取りに出してしまって、新しく次の車を手に入れたいです。車の査定後、契約の後で減額された、もしくは車を引き取った後に減額してきた、という話などたまに聞いたりします。車の引き取り後に減額をするのは、おかしな話です。
取引中、売買契約書にサインする直前までに、現在と取引後の価格に違い(減額)があるのかどうか、それと、どのような状況、理由から減額になったのかで取れる対応などは変わってきます。仮に理由があったとしても、自分では納得できないという状況だと買取をキャンセルしてしまうのも、一つの手段だといえます。