軽自動車税が税率がアップしてしまった昨今

先日、長年の愛車をついに売りました。その際に

軽自動車税が税率がアップしてしまった昨今、中古車の支持層も多いです。



余談ですが中古車の価格交渉は可能なの?って思っちゃう人もいるかもしれませんが相場を調べておくと安くしてくれる場合があります。

車のことをある程度知っている人に同行して見てもらうと安く買える場合もありますよ。
いままで乗っていた車を業者に売却するときは、査定前に掃除だけは済ませておきましょう。



車内の掃除をしたら、シートカバー、ホルダー、ゴミ箱等は撤去しておきましょう。

収納部分もカラにしておくのが望ましいです。ボディの汚れが気になるときはこの際洗車しましょう。


普段使っているカーシャンプーでサッと洗えば十分だと思います。


以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、よりにもよってキズが!なんてことになりかねないので、あくまでも清潔感を目指してください。屋内保管でも、走っていればホイール周りは汚れるのできれいにしておくと良いでしょう。ルームコロンは嫌う人もいるので、無香の状態を目指して換気してください。


動かない車は買い取りをしてはもらえないのではと思っている人がたくさんおられるようですが、故障して動かない車でも、買取を行ってくれるところはあります。一見すると、動かない車に価値なんてないと思われがちですが、動かない車であっても価値はあるのです。
使われている部品は再利用ができることですし、車というのは鉄でできているので、もちろん鉄としての価値があります。



中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。
ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。ただ、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古カーセンサーネット査定業者の査定より低い買取り価格になるようです。

あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。車の買取を検討していたので、ネットの簡単査定を利用してみました。



買取に出す車は赤のアウディで、まだ乗り始めて5年しか経っておらず、かなりの高値が付くだろうと期待していたら、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。査定をお願いしていた買取業者に来てもらって説明してもらいましたが、「今はアウディでも軽自動車以下の額しか付かない」と言われ、愕然としました。少しでも査定額を高くするためにも、他の車と比べて特別に惹きつけるところがある場合には臆することはせずに好条件の交渉ポイントにしたいものです。
必要以上のしつこさで迫ってしまうと、逆効果になってしまってはいけませんので限度をわきまえることも必要です。

また、決算時期を狙うというやり方もありますし、一括査定サイトの利用という方法を使うと査定額がアップする可能性があります。中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、たいていの買取業者で、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、見積もり結果を出してくれるのです。この出張査定は同時に何社かの査定スタッフに出向いてもらうことも可能です。多くの業者から同時に査定してもらえば時間短縮の利点もありますし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で査定金額の競争が生まれますから最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。
「低年式車でも買い取ってもらえた」と言う人がいます。

彼の車は海外で人気のスポーツカーなのでナルホドなあと思いました。
人気のある車種の限定車などであれば、手を加えていないとか状態の良さで買取価格がつく可能性がありますが、一括で見積もってもらったときに価格がつかないような車だと中古車市場での売りの見込みが立たないということで、担当者も値付けをしぶるでしょう。改造や再塗装なども中古車業界では避ける傾向にありますが、個人対個人の取引でなら、営業マンの目線ではなく「買いたい人」の判断になるため、買取査定時より高い値段がつくこともありますし、改造部分に思わぬ付加価値がついたケースもあります。

愛好者同士のサークルやカーオークションサイトなどを覗いてみてください。車を売る際に必要なものの一つが、車検証です。けれど、査定だけなら、車検証の必要がなく受ける事が可です。

それは、査定だけなら契約にならないからです。売買契約を結ぶ際には、必ず車検証を持参が必須であります。

車検証が用意してないと登録抹消や名義変更が不可能なのです。

中古車を売却するときにあらかじめ注意したいのが、一旦契約を結んだあとで、当初の買取額から下げられてしまったり、代金を業者がなかなか支払わないといった問題です。

トラブルに遭ってのちのち後悔しない為にも、買い取り業者を選ぶのには慎重になるべきでしょう。


また、買取査定のときにはウソをいってしまうとトラブルを引き起こすことになります。