以前、知人のUSED CAR販売業者の方に、12年乗っ

車売りたい、もしくは下取り依頼する時に、

以前、知人のUSED CAR販売業者の方に、12年乗った愛車を鑑定してもらいました。ほぼ廃車同然だと言われてしまい、値段をつけてもらえるかどうか心配していましたが、3万円で下取りしてくれるということでした。


そのあとは、修理されたその車は多くは代車として再利用されるそうです。中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、他の中古車と同様、状態と人気に左右されます。付加価値の高い人気パーツならば場合によっては加点も期待できます。とはいうものの、パーツの状態が悪ければ買取後にメンテ費用がかかるため、マイナス評価が入ることもあります。ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。



そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。
過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。
この修理歴車は査定額が大幅にマイナスになる要因の一つになるのです。そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて同じように修理歴車になるわけではないのです。車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのがプロの中古カーセンサーネット査定店のスタッフの仕事の内容です。販売店のスタッフの話を全部信用しきってしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。


実際の査定の前に適正な査定金額がどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、下調べした金額よりも安く言われたときに値段の駆け引きをする準備をしておくとプロのセールストークを上手にかわすことが可能になるでしょう。

タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、売却後に業者のほうでタイヤを交換することも極めて普通に行われているからです。



つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額は微々たるものです。


手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。


車を買い取ってもらうなら中古とはいえ、そこそこの値段はつけてほしいものです。


ちょっと手間はかかりますが複数の買取業者に査定してもらうと納得のいく値段を出しやすいです。


営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。


さらにその場で少し上げてくれるかも。それって営業手法なんです。他社と競合していないのなら、買取価格を上げるメリットはないだろう、ぐらいの冷静な気持ちが大切です。


競合見積りであることを伝えると、値付けも変わってくるでしょうから、これなら売ってもいいと思う業者を選択すると良いでしょう。

返済が終わっていない状態で車を売却する場合、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。



というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、名義もローン会社であることが普通だからです。

売る際に残りの債務を払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、それが無理なら決定した査定額を使って残債を清算するという方法もあります。ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。
車の査定が効率的に進むプロセスとしては、一括査定サイトなどで複数の中古車買取業者に査定を申し込み、実物の査定の際は数カ所をチョイスして行います。

買取業者をそこから一社決定し、契約を申し込み、売買に至ります。



買い取ってもらったお金はその場ですぐ、ではなく、後日、銀行口座へ振込、という場合が多いのですが、契約するのが中古車買取業者の中でも中小規模の時には、万が一の時に備えて現金での取引が無難でしょう。車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車種や色、車の状態にもよりますが、買取額が高い可能性のある車査定を選ぶと良いでしょう。なぜなら、ディーラーが行う下取りは標準査定価格を基にしていますし、さらに、新車の値引き分を含んだ価格が提示されることが大半のようです。



そのため、価格交渉が難しくなると思いますし、愛車の価値がはっきりしません。



ですので、ディーラー下取りよりは車査定を選ぶ方が高く買い取ってくれることが多いようです。


ネットで業者に車の査定を申し込もうとする際、個人情報の書き込みが必須の申し込みシートを使っている業者が多く見られます。

買取業者を探して電話するのも面倒だし、ネットで手早く査定に出したいところではあるものの、電話をかけてこられたりするのは面倒だし迷惑だとして、査定の手続きをネットで行なうことに気が引けてしまうかもしれません。しかし、最近の傾向として、電話番号など個人情報の記載不要で車がどれくらいで売れるかざっくりとわかるようになっているサイトもありますので、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。